GMOクリック証券の評判やスプレッドは?おすすめのFX口座開設

GMOクリック証券のスマホアプリがすごい!

GMOクリック証券はPC用のプラチナチャート以外にもAndroid用アプリ「FXraid」とiPhone用のアプリ「iClickFXneo」があります。

 

このスマホアプリは操作性に優れていて、PCと同じような操作をスマートフォン単体で取引することができます。

 

そのため、外出先でFXを楽しみたい場合には、GMOクリック証券の口座を開設していれば、スマホアプリだけでもPC同様に取引が可能でしょう。

 

また、通常はこのようなスマホアプリはどうしてもPC用チャートと比べると劣ってしまうものなのですが、GMOクリック証券のスマホアプリの場合はスマホだけでもテクニカル分析が可能ですし、さらに注文もスムーズに通ります。

 

本来はPCの大画面で取引を行った方が注文ミスを最小限にすることができますし、損切りもしっかりと行うことができます。

 

ですが、やはりサラリーマンの場合はどうしても平日の昼間に自宅で取引を行うことが困難となるため、このようなスマホアプリは非常にありがたいでしょう。

 

GMOクリック証券のスマホアプリで注意するべきことは?

スマホアプリでFXを行う場合、やはり注意することはパケットの残り容量です。

 

やはり、長時間アプリを起動した状態にしていると、パケットの減りも早いため、パケットの容量が少ない状態で取引することは危険となります。

 

というのも、本来なら損切りをしなくてはならない場所でネットにつながりにくくなった場合には、損失が非常に大きくなってしまう可能性がありますし、最悪の場合はロスカットとなるでしょう。

 

それを防ぐためにもパケットの残り容量には注意した方がいいです。

 

最近はポケットWiFiを持っている方も多いので、外出中に頻繁にスマホアプリでFXを行いたい場合は、ポケットWiFiは必須アイテムとなります。

 

ただ、ポケットWiFiも絶対に安全というわけではなく、場所によってはネットにつながりにくいこともあります。

 

そのため、山の中などのポケットWiFiでもネットにつながりにくい場所では取引をなるべくしないことを推奨します。

 

さらに、バッテリーの残量にも注意です。

 

せっかくいい感じに取引ができていたとしても、途中でバッテリーが切れてしまっては見てないところで大損をしてしまう可能性もあります。

 

ですので、スマホアプリで取引を行う際には「パケット残量」「WiFi環境」「バッテリー残量」の3つに気を付けるべきです。

 

page top