GMOクリック証券のレバレッジ

GMOクリック証券のレバレッジ

GMOクリック証券のレバレッジ

 

FXの大きな魅力の一つは、レバレッジ取引が行えるということです。

 

レバレッジ取引を行うことができれば、少ない資金で多額の取引が行え、その分利益も大きくなっていきます。

 

しかしレバレッジ取引には注意点もあります。

 

GMOクリック証券のレバレッジ倍率などと共に、レバレッジ取引のメリットとデメリットについて考えましょう。

 

GMOクリック証券のレバレッジ倍率

GMOクリック証券のレバレッジ倍率は25倍で固定されています。

 

もしくは入金額と取引量によってレバレッジを変動させることもできます。

 

ただしGMOクリック証券の表面的なレバレッジ取引という場合には25倍であると考えておいた方がいいでしょう。

 

レバレッジとは、証拠金に対してどの倍率で取引が行えるかということです。

 

例えばレバレッジ倍率が25倍で、証拠金が10万円であるとします。すると最大で250万円までの取引が行えるということになります。

 

GMOクリック証券の場合には入金量に対しての取引量によって自分である程度レバレッジ倍率を調節することができます。

 

例えば証拠金を10万円入金し、取引額を10万円に抑えている場合、レバレッジ倍率は1倍です。

 

レバレッジ倍率が大きくなればなるほど利益も大きくなっていきます。

 

ただしGMOクリック証券では最低取引単位が設定されており、米ドルの場合1lot、つまり1万ドル=120万円前後からの取引となります。

 

レバレッジ取引の注意点

レバレッジ取引では大きな利益を上げることが可能になりますが、その一方で損失も大きくなっていくことがあります。

 

例えば10万円の取引であれば1万円の損失だったのに、レバレッジ倍率を25倍にしていると損失は25万円になってしまうのです。

 

証拠金が10万円であればGMOクリック証券のロスカットラインが5万円となるので、あっという間にロスカットされてしまうことになりかねません。

 

ですからGMOクリック証券の25倍というレバレッジ倍率を利用するとしても、自分でレバレッジ倍率を調整するとしても、含み損を合わせてどのくらいの損失になっているのか、ロスカットラインを超えることがないかなどをしっかりと確認しておくことが必要になります。

 

特にGMOクリック証券では1lotからの取引になるので証拠金が大きいほど安全に取引が行えることも覚えておきましょう。

 

レバレッジ取引では取引金額が大きくなっていくので、より慎重かつ計画的なトレードをしなければならないのです。

 

page top