GMOクリック証券のロスカットラインについて

GMOクリック証券のロスカットラインについて

GMOクリック証券のロスカットラインについて

 

FXでの投資を始めようとしている方でであれば、どうしたらFXで大きな損失を被らずにすむかを知っておきたいと思うことでしょう。

 

FXで大金を取引している場合、価格の急落によって莫大な損失を被ることがあります。

 

しかしGMOクリック証券のようなFX会社もその点はよくわかっていて、通常は負債が膨らむ前に損切りできるようになっています。

 

それがロスカットというものです。

 

GMOクリック証券のロスカットライン

GMOクリック証券のようなFX会社を通して取引をする場合、必ず証拠金が必要になります。

 

証拠金とはいわば担保であり、これがロスカットに大きく影響してきます。

 

GMOクリック証券のロスカットラインは証拠金維持率が50%になった時となります。証拠金維持率は時価評価総額÷必要証拠金額×100で算出可能です。

 

時価評価総額は含み益や含み損を合わせた取引金額のことです。

 

例えば証拠金を10万円としましょう。

 

取引をしていく中で一時的に保有している通貨が急落して、含み損を合わせて時価評価総額が4万円になると、証拠金維持率が40%となります。

 

ロスカットラインを超えているので、GMOクリック証券では強制的に決済が行われ損失が確定することになります。

 

ロスカットされてしまうと、再度の取引が行えなくなるので利益を上げて損失を取り戻すことはできなくなってしまいます。

 

取引の最中には、含み損を考慮したうえでロスカットラインを超えないように注意すべきです。

 

ロスカットラインは投資家を守るため

ロスカットラインを超えて強制的に決済されてしまうと損失が確定してしまうため、そこからリカバリーすることができなくなってしまいます。

 

結果としてFXの投資自体をあきらめなくてはならなくなるということさえあります。

 

とはいえ、このロスカットは投資家の損失を最小限に抑えるための措置であることを覚えておくべきです。

 

FXは株のように価格の上昇や下落の上限・下限が定められていないため放っておくとどんどんと損失が膨らみ続けてしまう恐れがあります。

 

ロスカットしなければ負債が膨らみ続けて最悪の場合自己破産に至るということさえあるのです。

 

その場合FX会社は負債を回収することが難しくなるので、FX会社としてもロスカットラインを設けることで投資家とFX会社自身を守っているのです。

 

FXに投資する際には証拠金やロスカットラインのことも良く考慮したうえで、どのくらいの投資額にするのか、どのように資金を分散投資するのかを検討するようにしましょう。

 

page top