GMOクリック証券のスワップポイント

GMOクリック証券のスワップポイント

GMOクリック証券のスワップポイント

 

FXで大きな特徴となるのが、スワップポイントです。

 

法定通貨間の金利の差によって生じる利益・損失のことで、法定通貨を保有している間毎日得ることが可能です。

 

このスワップポイントは取引している通貨によって日に数十円程度ですが、毎日入金されるので見逃すことができないものとなっています。

 

ではGMOクリック証券のスワップポイントについてチェックしていきましょう。

 

スワップポイントとは

法定通貨には金利が存在します。

 

日本円は金利がかなり低いので、外貨を購入すると金利差によってスワップポイントが生まれます。

 

例えば日本円の金利が0.1%、オーストラリアドルの金利が0.5%とすると、スワップポイントは0.4%となります。

 

毎日この金利の分の利益が入金されるという仕組みです。当然スワップポイントはマイナスにもなり得ます。

 

金利の高い通貨を使って金利の低い通貨を購入した場合にはスワップポイントの分を毎日支払わなくてはなりません。

 

それほど大きな金額ではありませんが、毎日支払っていくことになるので注意してスワップポイントの推移を見守るようにしましょう。

 

GMOクリック証券のスワップポイント

GMOクリック証券のホームページでは常に最新のスワップポイントがどのくらいなのかが記載されています。

 

また外貨の組み合わせによってスワップポイントは変わるので、自分がどの外貨を購入しようと思っているのかを決めてスワップポイントを確認するようにしましょう。

 

例えば米ドルを日本円で購入するとスワップポイントは50円前後です。

 

ユーロ対日本円ではスワップポイントはマイナスとなり−10円ほどとなっています。オーストラリアドル対日本円では30円前後、カナダドル対日本円でもやはり30円前後です。

 

もちろん日本円に限らずあらゆる法定通貨でスワップポイントは発生します。

 

ユーロ対米ドルでは−70円ほど、ユーロ対オーストラリアドルでは−75円ほど、米ドル対オーストラリアドルでは数円程度となっています。

 

こうしたスワップポイントに着目して取引する通貨を決めるというのも一つのポイントです。

 

ただし、スワップポイントは世界情勢などの動きによって頻繁に変化するため、いろいろなニュースに気を配っておく必要もあります。

 

スワップポイントによって得られる利益はわずかなものですが、取引金額によっては大きな金額になることもあるので軽視せず必ずチェックするようにしましょう。

 

page top